Search
Search Menu

プロジェクター・PROJECTOR購入のノウハウ「明るさ」「解像度」

家庭用プロジェクター・PROJECTORを購入するためのノウハウを知らないと、大きな後悔をしてしまうことになるでしょう。大事なポイントは、「明るさ」そして「解像度」です。

今回、簡潔にあなたにアドバイスしましょう。

プロジェクターはAZAで

フルHD(1920×1080)解像度と、HD(1280×720)解像度の映像の比較

なかなかみなさんもする機会を見付けることができないかもしれないですが、敢えて、【フルHD(1920×1080)】解像度と、【HD(1280×720)】解像度の映像の比較をしてみることってとても大事です。

フルHD(1920×1080)解像度と、HD(1280×720)解像度の映像を投影してチェックすれば、 フルHD解像度の投写映像は、映像の細かい雰囲気までしっかりと描かれていることがわかります。

一方でHD(1280×720)のプロジェクター・PROJECTORの映像はどんな感じなのかといえば、ドットが結構目立って、ディテールがなかなか見ることができない現象が起きています。

みなさんに勘違いしないでいただきたいのは、HD(1280×720)解像度といういい方をすれば、何か、ハイクオリティーな映像と接しているような気分になってしまうことです。
やっぱり、今時家庭用プロジェクター・PROJECTORとして、HD(1280×720)解像度のものも購入するとちょっと後悔してしまうかな……という感じですね。

やっぱり、せっかくプロジェクター・PROJECTORを購入するからには、もう少し上のランクのものを見つめなければならないということです。

明るさでチェック

また家庭用プロジェクター・PROJECTORを購入する上で、あなたは、「明るさ」という問題も無視してはならないでしょう。

2,500lmと550lmの家庭用プロジェクター・PROJECTORでは、一体どの程度の差が出てきてしまうのでしょうか。

カーテンを閉めて部屋の照明を消した状態で、2,500lm&550lmの明るさで約80型の画面を映し出して見るという作業をしました。

結果2,500lmでは明るくはっきりした映像なのに対して、550lmでは色が薄く見えづらい症状が確実に起きています。

更に明るい部屋で、明るさをチェックすれば、 2,500lmは、暗い部屋での映像に比較して白っぽくなってしまうものの、550lmのプロジェクター・PROJECTORでは、色がほとんど出ない状態です。

家庭用プロジェクター・PROJECTORで、ごくごく普通に映画・ゲームを楽しみたいというものの、とてもじゃないけど、そんなプロジェクター・PROJECTORのレベルではないのです。

Leave a Comment

Required fields are marked *.