Search
Search Menu

リーズナブルプロジェクター 抑えておかなければならないポイント

リーズナブル価格のプロジェクター・projectorを購入する上で、あなたはしっかり解像度とも向き合う必要があります。

リーズナブル価格のプロジェクター・projectorの場合、解像度は、
480×320
640×480
800×480です。

おすすめのプロジェクターレンタル

リーズナブル価格のプロジェクター・projectorの解像度

リーズナブル価格のプロジェクター・projectorというもののほとんど超がつくほどのプロジェクター・projectorです。

10000万円以下のプロジェクター・projectorなんて本当に購入して問題ないのか、いろいろ不安も抱えているのではないでしょうか。

実際にリーズナブル価格のプロジェクター・projectorを購入するものの、あとあとこんなものを買わなければ良かったと後悔してしまうことになるかもしれません。

果たして、
480×320
640×480
800×480という解像度はどんな感じなのでしょうか。

480×320
640×480
800×480
という解像度の数字は、映像として充分な解像度ということができます。

ただし、問題は、この程度の解像度では、字幕など小さな文字を写しても潰れて表示されてしまうというのがとても大事なポイントです。

有線接続か、無線接続か

更にリーズナブル価格のプロジェクター・projectorを購入する上で、有線接続か、無線接続の選択肢もしっかり追求しなければならないでしょう。

リーズナブル価格のプロジェクター・projectorを手持ちのスマホやパソコンをプロジェクターに繋ぐための方法についてしっかり考えてください。

方法として、 HDMIケーブルを使って有線接続するという選択肢か、 WiFi接続機能が使えるプロジェクターを購入して無線接続するという選択肢です。

おおかたリーズナブル価格のプロジェクター・projectorは、HDMIケーブルを使って有線接続するという選択肢がメインと考えていいでしょう。

お部屋がケーブルでごちゃごちゃして嫌だという人たちは、Wi-Fi機能を使用出来るものを考えるといいかもしれないですよね。

しかし、設定がなかなか難しかったり、メカに弱いヒトはかえってこっちの方が面倒くさいと思ってしまうかもしれないです。

またリーズナブル価格のプロジェクター・projectorを購入して後悔しないためには、しっかりルーメン数(プロジェクターの明るさ)に対しても注目しましょう。

リーズナブル価格のプロジェクターで問題ない??

あなたは果たしてリーズナブル価格のプロジェクター・projectorで問題ないと考えているのでしょうか。リーズナブル価格のプロジェクター・projectorでも、しっかり機能が充実していればいいですが、あとあと後悔してしまうプロジェクター・projectorでは問題は大ありです。

プロジェクターならAZA

家で使う用のサイズにするか、持ち運べる小型サイズにするか

いろいろプロジェクター・projectorに対しての用途があります。あなたがどのような目的でプロジェクター・projectorを使用するかしっかり考えた上で購入しなければならないでしょう。

家で使う用のサイズにするか、持ち運べる小型サイズにするかというものもリーズナブル価格のプロジェクター・projectorを購入する上で大事な選択ポイントです。

ただし、基本リーズナブル価格のプロジェクター・projectorは、それほどいろいろ機能がつまった重いものはありません。 1番大きいサイズでも7インチタブレットくらいの大きさなので、だいたい大きさは、1.3kg程度です。

リーズナブル価格のプロジェクター・projectorは、軽いものが多く、500g以下のものも販売されています。とにかく頻繁にプロジェクター・projectorを持ち歩きたいという方々は、やっぱり軽いに越したことはないでしょう。

プロジェクター・projectorを購入する前に、しっかりサイズに対しても検討してください。

おすすめのリーズナブル価格のプロジェクター・projector

以下はおすすめのリーズナブル価格のプロジェクター・projectorです。

リーズナブル価格のプロジェクター・projectorというものの、特に10000円以下で購入することができるプロジェクターです。

ELEGIANT ミニ LED プロジェクター(4999円)は、なんと5000円です。本当にこんなプロジェクター・projectorを購入してあとあと後悔しないのか、不安も大きいです。ですから、なおさらあなたもスペック調査をしなければならないでしょう。

超リーズナブル価格のプロジェクター・projectorELEGIANT ミニ LED プロジェクターは、 ルーメン数は記載なしです。本当にこんなプロジェクター・projectorを購入していいものでしょうか。

ルーメン数:記載なしということは、真っ暗な環境以外では使用しないでくださいということを言っているでしょう。

ルーメン数:記載なのプロジェクター・projectorを購入して、明るい場所で使用しようと思えば、とんでもない悲劇が待ち受けることに。それでもあなたは気付かずそのようなプロジェクター・projectorを購入してしまうのではないでしょうか。

プロジェクター・PROJECTOR購入のノウハウ「明るさ」「解像度」

家庭用プロジェクター・PROJECTORを購入するためのノウハウを知らないと、大きな後悔をしてしまうことになるでしょう。大事なポイントは、「明るさ」そして「解像度」です。

今回、簡潔にあなたにアドバイスしましょう。

プロジェクターはAZAで

フルHD(1920×1080)解像度と、HD(1280×720)解像度の映像の比較

なかなかみなさんもする機会を見付けることができないかもしれないですが、敢えて、【フルHD(1920×1080)】解像度と、【HD(1280×720)】解像度の映像の比較をしてみることってとても大事です。

フルHD(1920×1080)解像度と、HD(1280×720)解像度の映像を投影してチェックすれば、 フルHD解像度の投写映像は、映像の細かい雰囲気までしっかりと描かれていることがわかります。

一方でHD(1280×720)のプロジェクター・PROJECTORの映像はどんな感じなのかといえば、ドットが結構目立って、ディテールがなかなか見ることができない現象が起きています。

みなさんに勘違いしないでいただきたいのは、HD(1280×720)解像度といういい方をすれば、何か、ハイクオリティーな映像と接しているような気分になってしまうことです。
やっぱり、今時家庭用プロジェクター・PROJECTORとして、HD(1280×720)解像度のものも購入するとちょっと後悔してしまうかな……という感じですね。

やっぱり、せっかくプロジェクター・PROJECTORを購入するからには、もう少し上のランクのものを見つめなければならないということです。

明るさでチェック

また家庭用プロジェクター・PROJECTORを購入する上で、あなたは、「明るさ」という問題も無視してはならないでしょう。

2,500lmと550lmの家庭用プロジェクター・PROJECTORでは、一体どの程度の差が出てきてしまうのでしょうか。

カーテンを閉めて部屋の照明を消した状態で、2,500lm&550lmの明るさで約80型の画面を映し出して見るという作業をしました。

結果2,500lmでは明るくはっきりした映像なのに対して、550lmでは色が薄く見えづらい症状が確実に起きています。

更に明るい部屋で、明るさをチェックすれば、 2,500lmは、暗い部屋での映像に比較して白っぽくなってしまうものの、550lmのプロジェクター・PROJECTORでは、色がほとんど出ない状態です。

家庭用プロジェクター・PROJECTORで、ごくごく普通に映画・ゲームを楽しみたいというものの、とてもじゃないけど、そんなプロジェクター・PROJECTORのレベルではないのです。

プロジェクター・projectorを購入した実感!

果たしてプロジェクター・projectorって、テレビの代わりになってくれるものでしょうか。

プロジェクター・projectorで、約100インチで投影しているので、幅2.2m、高さ1.2mぐらいのダイナミックな体験をすることができます。

おすすめのプロジェクターレンタル

プロジェクター・projectorのダイナミックな体験

とにかくテレビよりもプロジェクター・projectorは、ダイナミックな体験をすることができます。大きな画面の体験をしたい人たちは絶対にプロジェクター・projectorを購入して良かったと思うでしょう。

プロジェクター・projectorの画質が気になる

しかしプロジェクター・projectorは、画質ではやっぱりテレビジョン・televisionが上と思っている人たちも多いでしょう。

まだまだ、プロジェクター・projectorに対して不安要素もあります。

ただし、実際に利用してみてプロジェクター・projectorが画質が悪いということではないことにきっと気付かれることでしょう。

解像度もフルハイビジョンですから、地デジを観る分には何の問題もはありません。

それでも画質がちょっと気になるという方々は、一度、家電量販店のプロジェクターコーナーを覗いてみて、どんな感じだか体験するといいでしょう。

私が思うには、そのような体験をする機会がないから、まだまだプロジェクター・projectorの定着率が悪いのでは……という感じはありますね。

新宿のヨドバシカメラなどへ行って、是非ともプロジェクター・projector体験をしていただきたいと思います。

きっとプロジェクター・projectorの画質がとても美しいことに驚かれるはずです。

プロジェクター・projectorは結構安い

そしてプロジェクター・projectorは価格が高いからなかなか買えないと思っている人たちがいます。しかし、かつてプロジェクター・projectorは高かったと思いますが、段々と価格は下がって来たと思いますよ。

そのあたりの問題も、ちょっとでもプロジェクター・projectorに関心を持っているのならリサーチしていただきたいですね。

フルHD投影可能なEPSONのプロジェクター「EH-TW650」は2018年10月現在、約8万円で購入することができます。

正直この程度の価格ならそろそろ買いモードではないでしょうか。

フルHDで100インチの大画面が楽しめて8万円、私に言わせれば、プロジェクター・projectorは安すぎる!と言いたいのです。

もう一度言いますが、プロジェクター・projectorは、フルHDで100インチの大画面が楽しむことができて8万円です。

プロジェクター・PROJECTORレンタルという方法

あなたはまだ家庭用プロジェクター・PROJECTORがどのようなものかわからないのではないでしょうか。

そのような人たちは、一度プロジェクター・PROJECTORをレンタルしていただき、プロジェクター・PROJECTORをリアル体験していただきたいですね。

そんな家庭用プロジェクター・PROJECTORレンタル会社の存在を知らないという方々には、こんなショップがおすすめです。

おすすめのプロジェクターレンタル

電助レンタル

はじめて家庭用プロジェクター・PROJECTORレンタルという方々には、電助レンタルがおすすめです。

電助レンタルでは、EPSON EB-S04が、

0泊1日 2,800円
1泊2日 2,800円
2泊3日 3,800円

という料金でレンタルすることができます。

2泊3日3,800円で、ちょっと家庭用プロジェクター・PROJECTORで優雅な体験をすることができれば、高い交通費をつかってどこかへ出かけて行くよりも全然メリットは大きいのではないでしょうか。

ズバリ、レンタル料金も相当安いと思いますよ。

家庭用プロジェクター・PROJECTORは、この程度の料金でレンタル出来てしまうのですね。

EPSON EB-S04は、
明るさ:3,000ルーメン
解像度:SVGA(800×600)
サイズ:297×234×77(mm)
という満足度の高いスペックです。

レンタルステーション

そして、次におすすめ家庭用プロジェクター・PROJECTORレンタル会社は、レンタルステーションです。

レンタルステーションでは、

0泊1日 29,00円
1泊2日 5,000円
2泊3日 6,800円
3泊4日 8,300円

という料金で、EPSONE MP-S4をレンタルすることができます。

EPSONE MP-S4は、
明るさ:1,800ルーメン
解像度:SVGA(800×600)
サイズ:327×247×87(mm)
の機械です。

家庭用プロジェクター・PROJECTORレンタルで考えるべきこと

また、家庭用プロジェクター・PROJECTORレンタルにおいて検討しなければならないのは、スクリーンレンタルを必要としたとき、料金がいくら程度違うのか……ということも考える必要があります。

スクリーンとプロジェクターをレンタルしたらもちろん、料金はプラスαの料金です。

あと、送料はどんな感じなのでしょうか。

受取配送料は無料だけど、 自己負担:1,010円というシステムを採用している業者も多くあります。(レンタルステーションは3,600円(往復))

家庭用プロジェクター・PROJECTORレンタル料金は、 送料を踏まえた場合一番格安なのはどの会社かということも比較する必要があります。

電助レンタルは
0泊1日3,810円
1泊2日3,810円
2泊3日4,810円

レンタルステーションは
0泊1日6,500円
1泊2日8,600円
2泊3日10,400円

という料金です。

結果。料金的に見ればこの程度違いが出てきてしまうので、しっかりあなた自身でもリサーチしてみましょう。